ゴルフのここが知りたい!ゴルフのマナーとエチケット

 

ゴルフのマナーについて

ゴルフ場でのマナーというのは、特に接待の時など非常に気になるところです。友達同士で遊びでやっているゴルフなら、多少のマナー違反など多めに見てもらえるでしょうが、接待ゴルフとなると話は別だからです。

 

そのような場面で失敗しないように、ゴルフ場での
マナーにはどのようなものがあるのか、どのような場面で
人が気を悪くするのかを調べてみましょう。

 

ゴルフ場で気になる悪いマナーは?

あるアンケートによると、一番気になるのは、進行が遅れているのに
急ぐ様子がない、というものだそうです。これはゴルフに限らず何でも
困りますよね。急がなければいけない場面で急がないというのは、
電車に乗るでも何でもそうです。たとえば旅行のツアーで一人だけ
ゆっくりしていたり時間に遅れたりしたら困りますよね。
それと同じです。

 

プレー中に大声で騒ぐのも厳禁

ゴルフの中には集中しなければいけないショットがあります。
というより、真面目にプレイしていたらすべてのショットがそうだと言えるでしょう。
たとえばこれが大学生のボーリングだったら人が投げている時もギャーギャー
騒いでいいかも知れませんし、むしろ盛り上げるために騒ぐべきかも知れません。
しかし集中力を必要とするゴルフの場合はそれは厳禁なのです。

 

場を盛り上げつつも、そういう場面での私語はつつしむ、ということを守りましょう。

 

打つ前に何度も素振りをしている

実はこれも気になる人が多いそうです。軽く1回素振りする程度ならいいのですが
本気になって何度も素振りをしていると、プレイのことしか考えていない、
というように見えてしまうのでしょう。

 

たとえばこれもボーリングのたとえになりますが、みんなが自分が投げていない
間は会話をして盛り上げているのに対して、一人素振りをしていたらどうでしょう。
違和感がありますよね。

 

素振りをしたければ、日頃一人でやればいいのです。
みんなで集まっている時は、いろんな人と会話したりして、場を盛り上げる、
和ませることに集中する。それが大切なわけです。

 

来場時の服装がラフすぎる

ゴルフも一応スポーツなので多少ラフなのはいいの
ですが、ラフすぎるのは考えものです。
やはり基本的にリッチなスポーツ、お金のある人がやる
スポーツというイメージですから、それに見合った
高級感のある服装を心がけたいものです。

 

ゴルフ保険についてはコチラ